箱

日本が誇る羽子板の歴史|江戸時代から続く伝統を守り抜こう

女の子に欠かせない人形

お内裏さまとお雛様

雛人形は、女の子の無事の成長を祝うために飾られるものです。昨今では、立ち雛という形態の雛人形がとても人気です。この立ち雛とは、お殿様とお姫様の二人だけが立っている形態の雛人形です。飾る場所を取らず、飾り付けの手間を省くことが可能です。

詳細へ

買い方や値段

笑顔の女の子

最近の流行の形態

女の子の健やかな成長を願うのに欠かせないのが、雛人形です。毎年、3月3日の桃の節句の際には、雛人形を飾る家は多く有ります。雛人形というと、飾り付けるのが大変で難儀だと感じている傾向に有ります。近年では、そんな悩みを解消できる「ケース飾り」という形態の雛人形が流行っています。このケース飾りとは、ガラスケースの中に雛人形やその他の飾りが入ったもののことです。箱から取り出すだけで、雛人形の飾り付けがすぐに完了することが最大の魅力です。さらに、雛人形がケースに守られているため、色落ちもなく、きれいな状態で保管できます。また、人形に埃がつかないので、収納するときもガラスケースを軽く拭くだけで済みます。ケース飾りは、その便利さからこれからも需要が増えそうです。

そもそもの発祥とは

桃の節句の日になれば、当たり前のように雛人形を飾ります。しかし、そもそも雛人形がなぜ飾られるようになったのか説明できる人は少ないです。そこで、ここからは雛人形が飾られるようになった理由を説明します。まず、平安時代、日本では貴族の子供達の間で紙の人形でおままごとをする遊びが盛んでした。そして、中国には3月上旬に川で身を清めて厄を祓うという行事があります。これが昔、日本に伝わって結びつき、体の穢れを紙の人形に移して川に流すようになりました。そして、日本で人形作りの技術が発達すると、川に流さず家に飾るようになったのです。そして、女の子が生まれると、不幸を娘の身代わりに人形に受けてもらう考えが根付いたのです。

伝統を守ろう

江戸時代から続く伝統的な遊びといえばお正月に女の子がする羽子板を思い浮かべることでしょう。昔は叔父や叔母、親戚などからもらうのが当たり前でした。しかし、最近では核家族化が進み羽子板で遊ぶこと自体が少なくなってきています。どこで購入したらいいのかさえ分からない大人も増えているのも事実です。羽子板は雛人形などを売っている専門店に行けば間違いないでしょう。安いもので3万円前後で買うことができ、知り合いの子供が生まれた時などに贈ると喜ばれることでしょう。日本が誇る羽子板の歴史を知っておくと良いです。

快適な小学校生活のために

小学生

小学生の男の子は、非常に元気で活発です。そのため男の子のランドセル選びでは、女の子のようにデザインを重視するのではなく、耐久性を重視することが多いです。小学生は犯罪や事故に巻き込まれる可能性が高いことも考慮に入れ、それらを防止するような機能が付いているランドセルを選ぶことも大切です。

詳細へ